離婚して慰謝料を請求する

s-6-1
基本的に「離婚を考えている」場合と同じですが浮気相手の身元が判明している場合は浮気相手に訴訟をおこしていきます。慰謝料の金額では一番期待できる方法といえます。

不倫相手が判明出来なかった場合または風俗などの場合には配偶者にのみ慰謝料を請求します。

よく「離婚しなければ慰謝料を請求できない」と思われている方がいらっしゃいますが、実は離婚をしなくても配偶者や不倫相手から慰謝料を請求することはできます。ただし、離婚する場合よりも慰謝料は減ってしまいます。

何故、離婚しない場合、慰謝料が減るのかというと、離婚による精神的苦痛が含まれなくなるためです。

慰謝料についてはこちら

どのパターンにも言える事ですが、何を目的とするのかを考えて行動しましょう。

他の解決方法

s-5
s-7
s-8

浮気調査の目次

c-i-1
c-i-2
c-i-3
c-i-4
c-i-5
c-i-6
c-i-7
d-i-9
d-i-8

お問い合わせ

con-i-2

con-c-2
scroll-to-top1