自分しか知らない内容の中傷文が・・・盗聴、盗撮をされている

ある女性から電話があり「中傷文が送られてきた。」内容は本人しか知らない内容ばかり。盗聴の可能性が有り女性のマンションを調べてみることになった。

調査結果

しかし、いくら捜しても盗聴器は見つからない。外はいつのまにか暗くなってきた。女性が部屋の電気をつけた瞬間、電界強度計の針が振れる。何かの電波をキャッチしたのだ。室内盗聴の危険が高まっている為、慎重に音を殺しながら室内の調査を行う。
数分の後、寝室から盗聴器が発見される。盗聴器は男友達からプレゼントされたぬいぐるみの中に入っており、それも最新式の携帯電話型盗聴器で、いつでも好きな時に盗聴できる代物だった。
室内の明かりが灯った為、犯人は対象が帰宅したとでも思ったのだろう。それでスイッチを入れたのだ。その後ご依頼者様との協議の上、警察に被害届を提出し、無事解決の運びとなった。

お問い合わせ

con-i-2

con-c-2
scroll-to-top1